銅、アルミを主とした非鉄金属材料、並びにステンレス、鋳鋼など、金属材料の切削加工、なら山金有色金属(大連)有限公司

MENU

TOP > 会社情報 > 沿革

沿革HISTORY

2007年 12月 大連開発区保税区内に、山金有色金属(大連)有限公司を設立。
2008年 04月

横型マシニングセンター(森精機)を設備し、銅鍛造リング(エンドリング)の加工を開始。

2008年 07月 電車モーター用銅部品の内製加工を開始。
2008年 09月

大連開発区保税区内に山金貿易(大連)有限公司を設立し貿易業務を開始。

2009年 02月

汎用フライス盤を設備し、銅棒(ローターバー)の加工を開始。

2010年 04月

大連東芝機車電気設備有限公司殿向けモーター材料に中国メーカー材を採用。

2010年 09月

縦型NC旋盤(瀋陽第一機床)を設備し、銅リングの加工を開始。

2012年 10月

大連東芝機車電気設備有限公司殿に、エレベーター巻上げ機用永久磁石(ネオジム磁石)の販売を開始。

2013年 06月

大連東芝機車電気設備有限公司殿に、電気機関車制御装置用アルミヒートシンクの販売を開始。

2014年 02月

横型マシニングセンター(台湾LITZ)を設備し、アルミ部品の加工を開始。

2015年 08月

大連東芝機車電気設備有限公司殿に、列車空調筐体用ステンレス板の販売を開始。

2015年 10月

液晶製造装置筐体用ステンレス板の販売を開始。

2016年 10月

鋳鋼、ステンレス鋳物の加工を開始。